永登

リハビリは順調

昨日からようやくランニングが開始できた。
c0318144_19595614.jpg
装具をつけて走るのは走りにくいが、まぁ仕方ない。しばらくは安全を重視してしっかり油断せずに強くしていくしかない。

脚力はやはり落ちている
明らかに左脚が細くなったので、まずはバランスを整える。

ふー、めんどくせ〜〜。ただ単に強くなるためだけに精進する行為とは違って
損傷箇所の補強と回復は面倒です。怪我した自分がそもそも悪いんですけど(笑)

なかなか上手くはいかないものだ。
けど、リハビリは順調です。できる日は毎日地道に面倒な事を積み重ねているので、予想よりは早い段階で走れています。ムカつくくらい遅いけど。
ついでに終わった流れでトレーニングも出来ているので、これはこれでいいか。時間を1時間余計に使うけどね〜〜。
妥協はしない。

登れないのがダメなんじゃなくて
登るためにした方が良い事を妥協するのが1番ダメ。

絶対しなきゃいけない事というのはないんだけど、
した方が良い事はいっぱいある訳です。

ただ時間は無限ではないので、
自分にとって強くなれる要素を選んで取り入れる必要がある。
そこに妥協はいけないということ。

今を逃す事は出来ない。


やると決めたスケジュールはもう外せないので、その日はいかなるお誘いも断ります。
部活の時間に遊びに行かないのと一緒かな。

そうするしかもうない、そっちに逃げて違う時にやるというならしない方がいい。くらいの堅い気持ちがなきゃ続けられん。


あ、そもそも誘われねーや(笑)

たまにかなり孤独感じるよね〜〜
1人の時間が好きなんだけど、あまりにも構われないと寂しがるめんどくせー奴なんだよな

[PR]
# by konsashi | 2018-02-07 19:59 | ボルダリング | Comments(0)

生涯

ずっとクライミングを楽しめる身体でいたいなぁ。

って最近クライミングと離れていて少し感じた事があった。




限界を超える。

ことはそろそろ難しくもなってくるんだなぁ。


って気持ちが負ける事が限界を決める1番の原因。



生涯続ける。

のも大事だなって少し感じ出してはきたけど、


自分のクライミングスタイルを貫く限りは
まだまだそんな先の事を悠長に保険かけるような甘ったれたことは出来ないよな〜〜。


もう少しなんだよ。

手の届きそうな位置に『人生最高の最難』がある。

自己満なだけだけどね。



ただ何十年も前に自己満で登ってきた人達のラインが
今でもトライし続けられてるって
その時登った人は考えていただろうか?


なんの利益があった訳でもなく
熱意だけで登ってきたラインがずっと誰かの目標のラインだったり他人を充実させ続ける事が出来る
時代をも超越していく産物になっている。



こんなラインが何十年も前に登られているのかと
驚愕することもしばしばある。


北海道クライミング界のパイオニア(勝手に名付けました)の
吉田和正の登ったラインなんてまさにそんなラインばかりで、衝撃的だった。
亡くなってしまったのは今でも惜しまれるが、もはや伝説的だ。

自分と岩と自然と、どれだけ人生の時間を遣って向き合ってきたのか。

普通に働いて休みの日に岩に行くだけの私から比べたら
職にも就かず車中泊しながら岩場に居たその生活には途方もない情熱を感じる。

二度と現れないような伝説的クライマーの事を知ってるからこそ
まだまだ自分の限界は超えれるって思わせてくれるのかもね。

いつまでも私のモチベーターです。


どっか痛いだの言ってられないよホント。
そんな時間あるなら強くなるために動けよって。

とは言え、また損傷しても面倒なので焦らずに
最近はめっきりコアトレです。

地金を叩き直す時期なんだよなきっと。


今までクライミングのトレーニングしてきたって言っても
陸上やってる時から比べたら10分の1くらいの量だからやってるうちに入らないんだけど
その時のベースがあるから貯金と効率の良さで強くなれたようなもん。


そろそろ貯金が尽きたかなと思うようなガタが来始めているのは間違いなく
また叩き直せということなんだろう。
無い身体でハンマー投げてた時から無理して来たもんね。

ちょっと遠回りになっても、地道に量をこなして継続しなきゃね。

ヒザは外側側副靭帯部分断裂で、半月板は無事でした。軽い運動が出来るまで2ヶ月?それは待てん。リハビリ生活です。

ん〜〜、険しい道のりが続きますね。
100m11秒台で走れるように回復させます。今回は2年かかった右ヒザの経験を生かしてリハビリやトレーニングが出来る。秋までにはベストな状態に絶対戻す。


生涯を考えるなんて先より
今を必死で過ごす事の方が自分の人生には大事。

死んだような今を過ごすくらいだったら長く生きる意味はないよね。



やったるど〜〜

[PR]
# by konsashi | 2018-01-26 19:32 | ボルダリング | Comments(0)

診察

んー、怪我で病院なんていつぶりだろうか???

ほぼ自己解決してたから行った覚えがほとんどない。

今日は代休で病院へ。
天候が悪く何も見えなかったが、なんとなく到着。
事故車は行き帰りで15台くらい見ましたね…。

ヒザついでに
気になってる箇所も見てもらいました。

どこも骨には異常なし!
手首も足の指もとりあえず他で補えるから無理しなきゃOKとのこと。
まぁそれしかないよね。
足の指は種子骨炎かなって個人的見解だったけど。
大体は自己検査通りかなぁ。


やっぱりヒザのケガがよくないみたいで
話がそっち中心になりました
怪我して日程も間もないってことで気にしてくれました。

他のケガは痛くても病院行ってないんだからこれは気にしてるんだなっていうのもわかってくれました。。。

ヒザは脱臼してたみたいで
その時に半月板と靭帯も損傷してるかもっぽくて
損傷具合をみるために次回MRI検査しようということになりました。

すごーく親身になってくれる先生で
ちゃんと向き合いたいからと検査して今後治していこうと言って
検査する日程を無理に空けてくれました。

ありがたい。。
無理言えばMRI検査日程空けれるって言わないでねって言われたけど(笑)

運動に対して理解のあるお医者さんていいね。

日常の中心が運動ということを理解して向き合って会話してくれて
初めてだなあ〜〜。

時間かけてちゃんと聴いて診てくれました。

今まで医者って目も見ないで淡々と言いたいことだけ伝えて
はい、次〜〜。
みたいな感じだったしね。死ね(笑)


市立とか流れ作業のとこは最初から行く気失せるよね。
自分の今後に関わる怪我で行くわけがないよ。
老人と一緒にすんなよってな。



運動能力高いからわかると思うけど、痛い箇所痛くしないようにだったら動いていいから

って仰ってくれたので、やれることはやります。ありがたい。
優し〜〜。


右ヒザやってしまった時は
全力疾走出来るまでに2年かかった。

つい最近全力疾走出来るようになったんだけどね。

右ヒザの時みたいに2年、いやそれ以上か?
と考えたらほっとくというのは今回は出来ないと思った。

右ヒザだって完治してる訳じゃないしね。
周りの筋力で補ってるだけだから、ジジイになって筋力おちたらグラグラだろうね。

もう年齢も気にする時期になってきた。

生涯で最高のパフォーマンスを発揮出来る時期
それが今だと思う。

27〜28歳が肉体と精神が最も高いパフォーマンスを出せる。

20代前半で肉体のピークとなり、その後肉体は落ちて行くが精神の力を相まって
20代後半になると『最高のパフォーマンス』を発揮出来る。

ただ、今は40代でもパフォーマンスを維持しているアスリートはいる。
クライマーだと小山田大、平山ユージは今でも自分の最高グレードだ。

パフォーマンスをキープするにあたって
より気にして行かなきゃいけないのが
メンテナンス。

ケガが大きいほどメンテナンスに気を遣う必要があり
気を遣った分、パフォーマンスを維持出来ると言える。

メンテナンスに気を遣うということは
ケガした箇所を補う為には?ケガをしない為には?ケガなくして向上するには?
と向き合うことで自身の努力に繋がるということ。

上を目指していくと
本当にケガと紙一重になっていく
そことどう向き合って解決して進むかが大事ですよね。

ただ、テキトーに運動が好きです〜〜くらいだったら何も気にしないんだけどね。


左ヒザは特に軸足の要だからかなり気を遣います
クライミングには関係ない軸足だけどね(笑)

これがないと自分は高く跳べない
と思った時に全力で向き合わなきゃ終わると思った。


検査の結果、全然大したことないからまだまだ無理出来るわってなるのが一番安心なんだけどね。


そいえばついでに行けてなかった歯科に行き
半年ぶりに歯が入りました。
ラスト一回が行けてなくてやっと行けたぜ。

[PR]
# by konsashi | 2018-01-10 21:35 | ボルダリング | Comments(0)

ヒザガブレイク

新年早々
ヒザを怪我しまして…。

いつも通り登り込み。

ハードな課題をハイヒールで解決しようと
フルパワーを出したところ
『ボゴン…!!!』
膝から破裂音が響き渡る。

無理せずにすぐ落ちました。

これは何か逝ったなあと思いながらも
直後は激痛だったが、少し経ったら痛みが弱くなってきたので
まぁ、挫いた程度か
アドレナリンが本気を出したかのどっちかかなぁ〜〜と思いましたね

答えは後者でしたか…


帰宅するとかなりの痛みで玄関の段差を乗り越えられない。

靴を脱げない(笑)

壁にもたれ床にうずくまりながらなんとか必死の帰宅。

寝るのもかなり辛い。

歩けてるから切れてはいないけど
外側とその周辺のどっかの靭帯が損傷かな。
損傷具合は病院行かなきゃわからんなぁ。

ボゴン直後におそらく皿がズレたけど、それは戻ったっぽい。
まわりのどこかが欠けてたりは多分してないかなぁ。これはわからん。

珍しく病院行こうかと思ったけど、
今日も明日も日曜祝日で休業ときたもんで結局行けそうにない。

軽度の損傷だと二、三日で炎症は落ち着き痛みも徐々に抜けていきそうだが
全力で走れるまでには2年ほどはかかりそう。

クライミングはヒールとキョンしなければ1ヶ月後くらいかな。

右膝がようやくサポーターなしで走れるようになったかと思いきや
次は左膝かあ〜〜。くそ。

右手首、左足親指付け根、左膝と損傷中で
どんどんハンディキャップが増えていきます(笑)

ちょっと無理をしすぎたか…

疲労も溜まってたしなぁ。

かなり集中してたんだけど、負荷がそれを超えてしまった。

上を上をと目指し強度を増やすと
強くなるのと怪我が紙一重になる。

強さの限界を超えるためには身体の強さ以上の負荷をかけなきゃいけないし。

つきもんだよな〜〜。

靭帯はどう治すかよりも
どう周りを強くして補うかしかない。

完全断裂して手術しない限りは
どう足掻いても自然治癒することはない。

病院行ってCTとMRIで原因と損傷具合知って湿布と痛み止めもらったからって
結局ゴールまでの過程は変わらん。

後の結果から見ると
病院に行くとお金と時間が無駄になるんだよな。

動くように頑張らなきゃいかんのは全て自分だし。



でも今回は痛すぎて気休めに病院に行きたい(笑)

[PR]
# by konsashi | 2018-01-07 21:33 | ボルダリング | Comments(0)

あけでとー

ヒマと見せかけといてゴチャゴチャと忙しく
なんとなく更新出来ないでいました。

岩行ったりジム行ったりもしてましたよ。

年末年始は人生初の10連休!!
昨年までは2連休だけでしたからね…笑

31日はカワカミさんとウィップス!
c0318144_00102847.jpg
まるっこいホールドは手首取れそうで保持できないね…
最近のジムの大きくてまるっこいホールドは苦手です。


3日はアヨロ!
トクさん、カワカミさん、ヒゴさんと!

あまり登る気はなかったので
なんとなくぬりかべ、ぬりかべ右、スペシャルライト×4くらい
登りました。

んー、なんだかんだたくさん登りましたよ!
c0318144_00043076.jpg
c0318144_00051444.jpg
ほどよい気温で心地よかったなぁあ。
遊んでたら油断して指が抜けて、かなり流血して次の日まで血が止まりませんでした(笑)
スラブはこれがあるからヤダo(`ω´ )o



昨日今日はアイスクライミング。

昨日はミヤイ氏と。
層雲峡へ。

着く直前に
『あれ?ロープ持ってきたかな…』とか言い出しまして
案の定ロープを忘れる!!という事態(笑)
c0318144_00064125.jpg
層雲峡をお散歩して退散です(笑)

まぁお互いロープを忘れて登れないなんて気にもしないので
楽しいドライブとなりました(笑)

道中、そばの話になり
そばを食おう!!ということで
愛別の豪華な蕎麦屋でそば食べました。
c0318144_00083755.jpg
うま〜〜し。

その後は初詣神社巡りの旅をして
近隣の神社にお参りをしてきましたよ。
c0318144_00093156.jpg
c0318144_00124989.jpg
c0318144_00132146.jpg
c0318144_00154999.jpg
c0318144_00145617.jpg
いや〜〜参ったなあ。
これで様々な神を引き連れることに成功。
しばらく運がいいはずだ。

夜は鍋パして飲んでミヤイ宅泊。




本日はナラさん、ミツグさん、ミヤイ氏と海岸。

出発前のお言葉で、
『アプローチでバランス崩したら死ぬから気をつけてね』とのこと。

そのお言葉を聞き、置けるものは全て車に置き、ザック内は必要最低限で出発。
c0318144_00180009.jpg
トンネルと海岸をしばらく歩いた後に、滝のある崖の方を登る。

うん、写真は撮れなかったですね。

c0318144_00220163.jpg
ナラさん、ミツグさんは開拓作業。
c0318144_00233475.jpg
浮石を落としまくっていました。
その後はボルト打ち。

ひぇ〜〜これぞ開拓ですね。
すごい開拓精神。

私なんかは小さなボルダー一個で精一杯です。

『岩掃除好きな人たちはおいで』だそうです。
ぜひお声がけしてみてください(笑)

私とミヤイ氏は
横にある滝(ナラさん、ミツグさんが開拓するために上に行く為のアプローチがわりの滝)をトライ!

シーズン初なのでビビりまくりです。
写真はありません(笑)

ミヤイ氏が一度は諦めて降りてきましたが
再度、死にそうになりながらリードでトップロープかけにいってくれました。
『本当に死ぬかと思った…』とおっしゃってました。

ビレイしてる私にもヒシヒシ伝わりましたよ(笑)
昨日お賽銭しまくってなかったらミヤイ氏死んでましたね。


私も一本登りました。こわ〜〜い…。


ん〜〜、修行が必要…。


とりあえず、睡眠が必要です…笑
五時起きが続く健康生活が続いていました
明日は予定なっしんぐ、たくさん寝る〜〜

[PR]
# by konsashi | 2018-01-05 23:50 | クライミング | Comments(0)

五段のカベ

気づけばもう少しでクライミングを始めて5年を迎える。

5年で五段の目標、達成できるかなぁ。

今の時代、都心だと特に周りに強い人がゴロゴロいてちょっとセンスがあればほんの数年で五段を登れちゃう人がいるくらいだから(多分)
特別早いわけでもないけど、自分の目標ペースはこんなもんだろうなぁ。

個人的には決して妥協した目標ではなく、限界を越えるつもりで決めてる目標だけど。

私は誰に教えてもらうでもなく
誰と競い合うのでもなく
自分のペースで自分自身に問い、岩と向き合うのが好きなんだな。

クライミングについては
いつからか教えてもらうのが勿体無く感じてきた。

岩からの課題、なのに
他人にムーブやトレーニング法を聞いてちゃ
面白味が半減することに気づいたんだ。

そういったひとつひとつのプロセスを自分で考えていくことこそ
岩と自分と本気で向き合うってことなんじゃないかって。

人それぞれスタイルはあるけど
今の自分のスタイルはこれで固まってるのは
以前から私の独り言を見てる人はわかると思います。

自分より周りに強い人がいっぱいいて
その人たちに引っ張られて強くなるってのが1番早いんだと思うけど、
今自分の考えとしてはそういう道は通りたくない。

他人に引きあげてもらえる
いうのはスポーツ的一面で言えば非常に大事だけど。
コンペ出るわけでもないしね。

室内で登る時も、コンペ的なのはあんましだな。

そして突然ジムの話になるけど(笑)

最近はいっぱいジムできてすごいなーって思うし自分も作りたいけど、
このセット誰がしたんだ?ってのも多く目につくようになった。

私がセットを仕事でするなら、ホールドの形状や大きさやかかりはもちろん、周りのホールドとの影響、角度、距離、色、すべてのバランスをみて想像しながら
課題を作りやすいように、書き記しても課題がわかりやすいように、ホールドが一個も死なないようにミリ単位で計算ずくめでやるんですけど。

クソみたいなセット見たらちょっとイラっとする。そんなセットでも課題作れって言われたら作れるんだけど、テンションは上がらんよね。



んー、話は岩に戻って(笑)



岩を登るということに対しては
岩に対してフェアでありたいですよね。

ムーブ見たり聞いたりなんて、カンニングしてるみたいでなんかね。

正直、知らない誰かがどの課題再登したって大した興味もないし調べない。
仲間が登ったんなら嬉しいけどね。

自分に対してはこんなんだけど、
他人に対しては出来ることは何でも協力してるつもりなんだけどね。

こうしてどんどん独りになっていくわけですよ。


というか、話は1番はじめに戻りますが
そもそも北海道にまともに五段がないわけですよ(笑)

プロジェクト登れたら五段はあると思うけど、
そもそも登ったこともないグレードのグレーディングはいいのかな?(仮)ならいいかな。
いや、登れるかさえまだわかんないけどね。絶対登るけど。

もし登れたら、
ボルダー難民がたくさん居るって聞いてるので『我こそは!』って人に課題を登ってもらってグレーディング手伝って欲しいと思います。


そんな私の今冬の目標は、十字懸垂をマスターすることです(笑)
あとは小さな目標が何個かあるので、地道にコツコツやります。
最終目標は、来春にプロジェクトを完登すること!

今シーズンは山に滑りに行くかもわからんし
アイス行けるかもわからん、パートナーミヤイ氏しか居ないし休み合わないし…知らん人とは行きたくないし(笑)

とりあえず家トレを充実させよう。
最近は固定概念に囚われずに、自分が求めてる動きができるようにトレーニング法や運動法を様々な角度から模索してます。
今あるもので、今使いたい箇所に効かせるには?の問いにすぐアレンジができるようになってます。

何をやるにもまずは言われたことでもいいので継続。
継続できる人はその先を考えよう。


あー、温泉いきてえ〜



[PR]
# by konsashi | 2017-12-12 19:19 | ボルダリング | Comments(0)

トレーニング週間

ライブがあったので指をこれ以上痛めるわけにもいかず
10日くらいサボっていた。

ので、今週はトレーニングと身体ほぐし習慣。

月曜に追い込んだので
今日もまだ身体がバキバキに痛いです…。

久しぶりにちゃんとストレッチとかやっちゃってます。

柔軟という行為もただ単に身体が柔い→静的に前屈や開脚ができる
イコール怪我しにくい、運動能力が良くなるっていう世間的な解釈が多くあるが、
これは至って違うと私は思う。

大事なのは自分がその可動域で体を100%操作できるか、力を出せるか
イチローの初動負荷トレーニングはそういった点で理にかなっている。

ようは本当の意味では、
身体が柔いイコール可動域が広いという事にはならない。

柔いだけでの弊害もあり
柔さで筋肉の制御ができない、力が出せず操作が行き届かないことで怪我に繋がるパターンはよくある。それが原因と理解されている事は少ない。

静的動作が硬い私からしたら柔いに越したことはないが、
連動運動においては可動域という観点で柔いのか?というのが大事。

一般的には絶望的に身体が硬い私ですが、
静的な柔軟体操をするまでは硬さは見られないと思う。
それは自分が動かせる範囲で力を自由に出せているから。そういう意識を持って運動と向き合ってきました。

ただ柔くてもその柔い範囲で操作と力を使えなければ意味は全くない。ストレッチが趣味なら別だけど。

なのでストレッチをする、という行為もただの準備運動なのか、可動域を広げるためのものなのかで方法も変わる。

あ〜
そんなこんなで寝る時間だ…。


いっつもなんか考えてボヤいてますけど、
あくまでも個人的主観です。

誰かが付きっ切りで教えてくれるなら
自分はつべこべ考えずに感覚でやりゃーいいんだけどね。

誰も教えてくれない1人の人は、感覚の上に思考が必要
ということでした。

そうしたら客観的にも見れるようになってきます。



とりあえず頑張ります。

[PR]
# by konsashi | 2017-12-07 00:35 | ボルダリング | Comments(0)

回復せず

昨晩、天気が悪いので外は行かないかな〜〜と思ってたところアキタさんから連絡

アヨロいこう!とのこと
アヨロならもしかしたら晴れて登れそうだー
と思いラインをしてる途中で寝落ち笑

ここ最近、突然の寝落ちが度々ある…
そのくせ朝も怠く、なんだか起きれない!

夜中に起きて時間を決めれたからなんとか朝は集合できました笑



アキタさん、ナナミちゃんとアヨロへ!

南に行くにつれ晴れてきた!やたー!
c0318144_22135968.jpg
ナナミちゃんは初アヨロ!
ぬりかべを完登!!おめでとー!!
シャコとオレンジスラブも登り、いい感じだね^ ^


マントライザーもトライしてみる!
とのことでマントライザー。

ちょっと私もやろうかなーと思いトライするとゴール直前で落ちまくり笑

暑くてヌメりすぎとる(TT)
ヌメってるくらいで登れないのはダメだと思い少し頑張ったが、全て同じところで落ちる笑

がーん…
数年前に登れてる課題が登れないのは凹むなー。

どーせ今週は登らないと思ってたのでトレーニングやら頑張ってたら疲労も抜けておらずカラダも重い…
疲れてるくらいで登れないなんてダメダメだ〜〜なんてダメなんだ笑
ぎゃー


続いてテロリストをトライ!
この前の吹雪以来、ほぼ初触り!
c0318144_22244894.jpg
アキタさんは何回かトライしてたらしい!かなりいい線いってます!!
次は絶対いけますなー。

私はダメダメです!力が入らぬ!
ん〜〜もどかしい日だ!

でも次回のために少しでも触ろうと思いなんとか進むことはできた!
今日はこんなもんかな…。それだけでも楽しいから良しとしよう。

岩場で出くわしたケンゴさんとイトユトさんはひたすらマッコー、ブラックホークをトライしまくっていた!タフだなあー!!


そんなこんなで終了。
いやー。まぁ、全然登れなくても岩を目の前にして外にいるだけで気持ちいいものです

終始ポカポカで楽しい時間でした!


帰りにチャーシュー麺を食べました。
ここ5日で4杯目のチャーシュー麺!やばいぜ!
c0318144_22331328.jpg
急に食い過ぎ…笑

体重はギリギリ大丈夫なはず…

そして
クラッチへ!!

こんなんなのに、まだ登る笑

指皮が激弱な私はもうウスウスだが
とりあえず登る!
指関節、手首、腰もボロボロであります

なんだかんだ最後まで登って
ついにカラダが限界っぽいようで
めまい立ちくらみ、手もブルブル
指皮がウスウスのピンクからどす黒くなっていた笑

人生で何回目かの指が黒くなる現象でした

ダメな日こそ底上げの日ですねー


[PR]
# by konsashi | 2017-11-23 22:09 | ボルダリング | Comments(0)

ゆびちから

仕事後にクラッチへ。
c0318144_23154605.jpg
最近は室内ではめっきり使い古しのフェローチェオンリーです。
いい加減ボロボロすぎる。

2オーナーに履き潰され、さらに履き潰しにかかり今に至る。

プチ修理しながらなんとか原型を留めているが
ラバーはツルツルベロベロで色々と剥がれている。

これで登ると雑に足が置けない
ツルッツルですから、ホントに足元集中しないとかきこめない。

そんなクタクタなフェローチェをやや使いこなしてきた。
これが外に生かされるんだな。

今日は指とフィジカルに刺激入れDAY。

久しぶりの攻めにかなりヨレた。
特に指を中心的に意識した。

指が開く中、無理矢理でもトライすることで
後日に生かされます。

ふふふ。
痛い指をさらに痛めつける時期になってきましたよ。

クラッチ後は
マツさんアキタさんとびっくりドンキー!
c0318144_23225479.jpg
マツさんもあと数日しかいないし、たまにはこんなディナーもありだね。
ひたすら雪山トークでした

[PR]
# by konsashi | 2017-11-20 23:15 | ボルダリング | Comments(0)

吹雪と渋滞

アキタさんとアヨロへ。
道中は晴れたりしてたが…
c0318144_18575523.jpg
吹雪!

突き刺さる風に雪がプラスされて
怒涛の波状攻撃を食らいまくる

が、とりあえず触らねば!
と雪が乗っていない課題を触るも
冷たすぎ+湿りで一手しか出来ない!

ただただ、クライミングジュースがベシャベシャになり
マットが雪まみれになり
自分が真っ白になり
アキタさんと2人でギャーギャー騒ぎながら取り付いていたが
手がちぎれそうなほど冷たくなったので退散!!

車で休んでたら少し止んだが
もう外に出る気がおきない…


迷うことなく温泉へ!!
c0318144_19023597.jpg
石水亭!

温泉入ったら芯まで冷え切った身体が温まりまくりました
が、急にダルさもやってきました笑

札幌へ。
超渋滞であります。
c0318144_19045441.jpg
チャーシュー麺、うまし!!
これを食べるためだけに札幌に寄り道したのです。

帰りももちろん大渋滞!!
車中でひたすら語らいでしたね。

それにしても酷い渋滞と路面状況でした。

[PR]
# by konsashi | 2017-11-19 18:56 | ボルダリング | Comments(0)



ボルダリングや趣味などの日常
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
最新の記事
リハビリは順調
at 2018-02-07 19:59
生涯
at 2018-01-26 19:32
診察
at 2018-01-10 21:35
ヒザガブレイク
at 2018-01-07 21:33
あけでとー
at 2018-01-05 23:50
外部リンク
画像一覧